BeatsXがスリープから解除されない問題がファームウェアアップデートで解消するか検証してみた

iPhoneBeatsX, アップデート, ファームウェア

スポンサーリンク

最近、BeatsXが一度スリープモードになると、バッテリーが残っていても電源ボタン長押しの起動がなされないケースがほとんどです。

2016年モデルのMacBook Pro15インチでも、クラムシェルモードのときにスリープから解除する際に非常に重くなって落ちてしまう…ということが頻発するのですが、一先ずBeatsXの不具合を解消する方法があるのか調べていました。

一時的に解消する方法を見つけているのでご紹介しますが、根本解決になっていないのでBeats製品自体のファームウェアアップデートを行って不具合が解消されるのか、試してみました。

スポンサーリンク

BeatsXのスリープが解除されない問題をファームウェアアップデートで解消する

まずは、PCでBeatsの公式ホームページにいきます。

リンク:Beatsファームウェアアップデートページ

トップページに飛ぶと、以下の赤枠部分からファームウェアをダウンロードできます。

インストーラをダウンロードしたら、インストールしましょう。

すると、突然Safariが立ち上がり…Beats製品の管理画面的なページに行きます。(普段僕は、Chromeを利用しています。)

Beats製品を接続して!と出るので、接続してみたところ…

既にファームウェアは最新の状態でした…orz

ということは、ファームウェア側ではなく本体の故障の可能性が高いので、Apple Storeでの修理行きか。。

BeatsXを使っていてスリープから復帰しない(電源が付かない)時の対処法

僕は起動する度にBeatsXが(電池残容量があるのに)スリープから復帰しない状態なので、その対処法を紹介します。

BeatsXを少しだけ充電してから、電源を再度入れてみると起動する

ペアリングとかは一切問題ないのですが、電源が付かないバグに苛まれているので、上記方法にて起動しています。

正直ストレス溜まりまくり(外出時につけようとして起動しないので)なのですが、一先ずこれで対処しています。

ちなみに、他に持っている人に聞いてみたところ、そのような症状は無いようで初期不良品に当たってしまった可能性が高いです…orz

AirPodsを購入しようか本気で迷いましたが、音質で妥協したくないのでApple Storeに持っていくことにします。。

スポンサーリンク