エディタ「MacVim」で快適にRailsの開発を行う時の.vimrc,.gvimrcの設定内容まとめ

プログラミング.gvimrc, .vimrc, MacVim, Rails, エディタ, 設定, 開発

スポンサーリンク

これまでRailsの開発に使っていたテキストエディタは「Atom」でした。

Macで快適に利用して週末プログラミングに勤しんでいた訳でしたが、先日購入した鬼スペックのデスクトップPC(Windows)にAtomを意気揚々とインストールしようとしたところ…

インストールできない…

という訳で、MacでもWindowsでも共通の設定内容で使えるエディタに乗り換えようと決意を固めて1ヶ月が経過し、ついにこの記事を僕は見つけました。

外部リンク:Macを購入したら絶対に導入したい!私が3年間で厳選した超オススメアプリ10選!

上の記事を見て気付いたら朝の4時まで設定周りを弄くり回していたので、忘備録として設定内容をまとめておきます。

スポンサーリンク

なぜVimなのか(哲学)

元々viエディタの存在は知っていましたが、Vim(viコマンド)は”マジで意味不明”で一生使うまいと最初思っていました。

ですが、その気持ちはWindows PCを購入して崩れます。

WindowsでRailsの開発するなら、仮想環境に適当なOS入れてやるしか無いな…と思っていた矢先のAtomインストール失敗により、目が覚めました。

「Sublime使うくらいなら、Vimでよくね?」

※SublimeをDisってる訳ではありません。

元々Sublime textからAptana Studio(Eclipse)のようなIDE(統合開発環境)も試しましたが、Railsデバッグ周りの弱さと重さに耐え切れず、Atomに乗り換えたのですが今回のインストール出来ない問題が発生…。

ですが、Vimをコマンドプロンプト(Windows)やターミナル(Mac)で起動すれば何も問題ないことに気付いてしまいました。

お遊びでプログラミングするだけなのに、RubyMineを買うのは流石に社会人と言えどお金の使い方を間違えている気がした(使いこなせるレベルに全く達していない)ので、取り敢えずMac用のVim「MacVim」を導入しました。

「MacVim」でRailsの開発を行う際の.vimrc,.gvimrcファイルの設定内容とは

素のVimでRailsを書くのは数分で限界が来そうなので、ネットから落ちている情報をかき集めてVimの設定ファイルである.vimrcと.gvimrcを作成しました。

.vimrcにGUIに関係しない設定内容を記述

.gvimrcにGUIに関する設定内容を記述

以下は上記設定内容を反映した際の見た目です。(Macでiterm2にて起動。)

s_スクリーンショット 2016-06-08 22.00.30

※なぜかiTerm2のバグでフルスクリーンにならない…。

実際の使い心地はこれからviコマンドを覚えつつ追記するとして、エディタの環境整備を終えた達成感で今日はぐっすり眠れそうです。

# これからWindowsにも同様にVim入れます(白目)

# 仮想環境にCentOSか何か入れてそっちでやります。

スポンサーリンク