Amazonアソシエイトのモバイル専用ウィジェット「Mobile Popover」で収益が最大30%上がる?実装方法と見た目まとめ

ウェブマーケティングAmazon, Mobile Popover, アソシエイト, ウィジェット, モバイル, 報酬, 売上, 実装, 方法, 見た目

スポンサーリンク

当サイトはレビューサイトという特性上、Amazonアソシエイトプログラムに参加して広告配信を行っています。

毎日管理画面は見ているのですが、最近新しいモバイル専用ウィジェット「Mobile Popover」の機能が使えるようになっていました。

これは、Google AdSenseの「ページ単位の広告」で設定できる、画面下固定のポップアップ広告とほぼ同じものになります。

Google AdSenseのポップアップ広告は導入していなかったのですが、Amazonのポップアップ広告は実装できるならすぐにでも、と思っていたので、今回実装してみました。

スポンサーリンク

米国で売上が最大30%増加した!驚異のモバイル専用ウィジェット「Mobile Popover

たまに日本のサイトでも見掛けていた、Amazon純正のポップアップ広告。

ページ内のAmazonのリンクをjavascriptで読み込んで、画面下からオーバーレイ形式で表示させます。

ちょうど、Google AdSenseの「ページ単位の広告」のアンカー広告になります。

Google AdSenseのページ単位の広告はあまり評判が良くなく、CTR(クリック率)が通常の広告よりも大分低いという報告が多くあります。

Amazonのモバイル専用ウィジェット「Mobile Popover」は主張しすぎずさり気なく表示してくれていい感じ!

実際の表出イメージはこんな感じです。

僕、スマホでページを見ていてオーバーレイ広告が出てきた場合、スクロール時に誤クリックしてしまうケースが多く嫌いでした。(参考:同じ広告が何度も出てしつこい!Google Chrome(クローム)で追跡型広告を消す方法)

しかし、Amazonのモバイルウィジェットは予想以上にさり気なく表示してくれます。

アドテク業界で働いていて、結構広告は気にする僕が気にならなかったかつ、むしろクリックしたくなってしまったので、これは良いなと設置を即決めました。

Amazonのモバイル専用ウィジェット「Mobile Popover」の設定方法は超簡単!

設置方法はGoogle AdSenseのページ単位の広告と同じく、JavaScriptをサイトの</body>の手前に貼ればOKです。

※レビューログの場合は以下になります。

<head>内に入れる必要がないため、ページ表示速度にも影響は小さいですし、実装するリスクもほとんど無いと思います。

注意点が1つだけ。Amazonの商品リンクが画面に表示されないと、ウィジェットが表示されない

この機能ですが、Amazonアソシエイトの広告が貼ってあると自動的に上記で実装したJavaScriptが商品のリンクを表示させる仕組みになっています。

当サイトでは、基本コンテンツの最後にAmazonのリンクを貼るようにしています。

そのため、オーバーレイ広告が出現するのはコンテンツ下部の時点です。

コンテンツ上部でもこの広告を表出させたい場合、広告をコンテンツ上部に設置しておく必要があります。

※テキスト広告でさり気なくAmazonアソシエイトの広告を置いておいて、オーバーレイ広告を表示させるためだけに利用しようかなとか最初考えていましたが、コンテンツ読んでいる途中でオーバーレイ広告が出続けるのはウザい気がしており、一旦このままで行こうと思います。

コンテンツ下部までレビュー記事を読んでくださった読者の方に、候補としてAmazonのリンクをオーバーレイ広告で新たに表示させる、という使い方でいこうと思います。

スポンサーリンク