【レビュー】iPad Pro10.5インチCellularモデルの使い心地が快適すぎる!120Hzのリフレッシュレート仕様で最強タブレットへ

2017年6月21日iPad10.5, Cellular, iPad Pro, インチ, モデル, レビュー, 仕様, 使い心地

スポンサーリンク

2年使ってきたiPad mini 2が最高の持ち歩きデバイスだという記事を書いてしばらくして、僕はiPad mini 2をメルカリで売却していました

理由は2つあるんですが、「7.9インチのタブレットだとスマホより文字が小さくなる」「CPUがA7と性能が低い」ことが挙げられます。

特に前者は致命的で、ほとんどのWEBサイトでPC表示(タブレットなので)されるが故、文字がかなり小さく表示されて、iPhoneより見てて疲れます。

そこに来て、リフレッシュレート120HzのiPad Proが発表され、我を忘れて購入したのですが、最高の使い心地でした。

スポンサーリンク

iPad Pro10.5インチ、開封の儀

外箱はこんな感じ。海の絵が、ベゼルレスな大画面全面に描かれています。

いざ開封すると、シートに包まれたiPad Pro10.5インチが…!

付属品はいつも通り、充電用のLightningケーブルと充電器です。僕はCellularモデル(au)を購入したので、auのsimカードも付属されています。

いざ起動!画面超綺麗だ…!iPad mini 2を使ってきたので、映り込みがかなり少なく感じられます。

背面はこんな感じ。iPhone7のブラックモデルを持っているので、合わせてスペースグレイを選択。

カメラは性能が向上し、iPhone7と同じものが搭載されています。故に出っ張ってるけれども、テーブルに置いた時にガタつくことはありません。

スピーカーは四隅に設置され、音質は格段に良くなっていて、Amazon Prime Videoでの映画鑑賞が捗りそう!イヤホンジャックも付いています。

iPad pro10.5インチを使ってみて、よかったところ

120Hzのリフレッシュレート化け物…!ヌルヌル過ぎて画面のカクつき一切無し!

Appleもイチオシの120Hz対応、GPUの性能アップに伴って実現したのですが、これが驚きの性能でした。

使っているASUSのゲーミングモニターは60Hzですし、iPhone7MacBook Pro 15インチも60Hzと120Hzのリフレッシュレートの製品はiPad Pro 10.5インチが初めてでした。

動画を撮ってもYouTube自体が60Hzまでしか対応していないので凄さが伝わらないのですが、120Hzのリフレッシュレートを体験すると60Hzの画面遷移がカクつくように感じられます。

ヌルヌルという表現がぴったりの性能です。

A10XのCPUと4GBのメモリ搭載で処理能力はパソコン並み!

仮想通貨に興味があるのでチャートをよく見るのですが、以下のcryptowatchのサイトが激重でMacBook Proで見ていてもファンが回るくらいの処理が走ります。

しかし、iPad Proはそれもサクサク表示してくれて全く重さを感じません。

CPUの向上と4GBのメモリ搭載により処理能力向上は目を見張るものがあります。

極狭ベゼルの10.5インチはコンパクトなのに大画面!

僕は過去、9.7インチサイズのiPad(Retinaになる前)を購入したことがありますが、それ以降はずっとiPad mini 2を使ってきました。

なので、10.5インチのサイズ感は久しぶりでしたが、極狭ベゼルで設計されているためにさほど大きさを感じません。

iPad mini 4か悩んでいる方、画面サイズであればそんなに差は感じません。

Touch ID第2世代搭載により、起動が爆速!

iPad Proで初めて第2世代のTouch IDが搭載されているのですが、指紋認証が爆速です。

iPhone7でも書きましたが、ホームボタンを押し込むと同時に認証が終了するくらいの爆速度合いです。

10時間のバッテリー性能は必要十分!頻繁に充電する必要が無い

iPad Pro10.5インチは10時間のバッテリー持ちですので、外出先に持って行ってカフェとか電車内でブラウジングに利用して…という使い方であれば全く問題ありません。

(しかも、僕のブラウジングはチャート表示のような重い作業です。)

今度、iPad Pro10.5インチでCloud9による開発もしてみようかと思っており、これだけでPHP開発できたら外にPCを持ち歩くことは無くなるでしょう。

10.5インチの469gという重さは、持ち運びにちょうどいい

僕が心配していたのが、10.5インチタブレットの重さです。

iPad mini 4が300gほどと、そこから1.5倍重くなっており、気軽に持ち歩けないのでは?と思っていました。

しかし、実際に使ってみるとペットボトル1本弱の重さはそんなに気にならず、カバンに放り込んで毎日持ち歩いています。

スピーカーが4つ搭載されていて、音質が最高にいい!映画鑑賞が捗ります。

自宅で使っていて驚いたのが、スピーカーが4方向に搭載されたことによる音質向上です。

Amazon Prime VideoやYouTubeの動画視聴の時に、音が良くて没入感すごいです。

カメラの画質が12MPに!自撮り用Facetimeカメラも7MPと高画質に!

僕は外でiPadを使って写真を撮ったりしませんが、カメラの画質が上がってiPhone7並みになりました。

自撮り用Facetimeの画質も上がったので、Skypeのビデオ通話などでいいかもしれません。

iPad pro10.5インチを使ってみて、イマイチだったところ

小さいショルダーバッグにギリギリ入らないサイズ感

僕は普段、軽く出かける時は以下のPorterの小さめのショルダーバッグを持って行くのですが、その際に10.5インチのiPad Proだと微妙に入りません…。

7.9インチのiPad miniサイズなら、難なく入るので持ち運びのカバンを選ぶことだけが難点です。

と、ここまで色々書いてきましたが、iPad Pro10.5インチを買ってみて自宅でのiPhone使用時間は激減しました。

iPhoneのような小さい画面サイズだと目が疲れてしまう僕には、このiPad Pro10.5インチがちょうどいいです。

今年買ってよかったものランキング1位にランクインするだろう、間違い無く最強のタブレットです。

SoftBankの方はこちら

スポンサーリンク

2017年6月21日iPad10.5, Cellular, iPad Pro, インチ, モデル, レビュー, 仕様, 使い心地

Posted by 管理人