PHPのフレームワーク(Laravel)を学習できるプログラミングスクールは「TechAcademy」のみ

2017年5月11日PHPLaravel, PHP, TechAcademy, スクール, フレームワーク, プログラミング, 学習

スポンサーリンク

現在、TechAcademyのPHP/Laravelコースを受講していますが、カリキュラムの充実具合に本当に驚いています。

ターミナルの基本コマンドや使い方から、簡単なHTML,CSSの記述方法Webブラウジングの仕組みなど至れり尽くせりの内容になっています。

なぜ今更「PHP」とそのフレームワーク「Laravel」を勉強しているかですが、このサイトはWordPressで構築されており、自作テーマを作るとなった時にスムーズにコーディングを行えます。(WordPressはPHPのCMSフレームワーク的な位置付けのため、文法は同じ)

そして、流行りのRubyフレームワーク「Ruby on Rails」と同じようにWebアプリケーションを簡単に作れる、PHPの人気フレームワークが「Laravel」なのです。

スポンサーリンク

PHPのフレームワーク「Laravel」を独学で勉強するのは厳しい

Ruby on Railsはネット上に様々な情報が載っており、ググってすぐに答えが出るくらい簡単に独学で勉強を進められます。

それに対して、PHPのフレームワーク「Laravel」の場合、日本語で解説されているサイトは有志の製作したドキュメント以外ほとんどなく、Stackoverflow(英語)のページが出てくるくらい。

勉強していて、誰かに質問できる環境(ググっても答えが出てこないので)が無いとLaravel習得はキツいな…と何度も思うタイミングがありました。

TechAcademyはSlackやビデオチャットでいつでもLaravelに詳しいエンジニアに質問できる環境が用意されている

TechAcademyはオンラインプログラミング学習サービスですが、オンラインだからこそいつでもどこでも質問可能な環境が用意されています

毎日15時〜23時にSlackで経験豊富なエンジニアが質問を受けてくれますし、毎週ビデオチャットでのメンタリングも受けてくれます。

徹底したフォロー体制のあるオンラインプログラミング学習サービスは、TechAcademy以外まだ出会ったことがありません。

そもそも、PHPのフレームワークを学習できるプログラミング学習サービスはTechAcademyしかない

PHPフレームワークの勉強を始めるにあたって、当初はCakePHPの勉強をしようかと思っていました。(実は本も買っていました)

ですが、Laravel同様ネット上のソースが少なく「これはプログラミング学習サービスでがっつり勉強した方が身につくスピード早いかな…」と直感し、調べてみました。

すると、生のPHPのプログラミング学習カリキュラムは色々あったのですが、フレームワークが主にカリキュラムに入っているものはTechAcademy以外一つもありませんでした。

そして、TechAcademyが扱っているのが「Laravel」で、CakePHPに比べて人気が出始めているフレームワークかつ、モダンな開発がしやすい(OAuth認証とか、必須の実装がしやすい)こともあり、受講したのです。

すると、CakePHPよりも書き方が分かりやすいこともあり、すぐに学習を進めることができました。

もちろん、PHPの文法を学ぶカリキュラムもしっかりあり、相乗効果でPHP/Laravelを身に付けられています。

僕は作りたいサービスが何個かあり、それをリリースするためにPHP/Laravelの学習を進められており、この記事がPHPのフレームワークの習得で詰まっている方の助けとなれば幸いです。

スポンサーリンク