【Amazon限定】PS4でFPSをするならこれ!ASUSゲーミングモニター23型フルHDディスプレイを徹底レビュー

ゲーム23型, Amazon, ASUS, FPS, PS4, ゲーミングモニター, ディスプレイ, フルHD

スポンサーリンク

FPSプレイヤーであれば、一度は自分のゲーム環境を最適化すると思います。

僕は、PS4でCall of DutyシリーズやBattleFieldシリーズをプレイしている古参です。

今回、Amazon限定のコスパ最強ゲーミングモニターとして名高い、ASUSの23型フルHDディスプレイを購入して1年ほど使ってみたので、その使用感をレビューしようと思います。

参考:【PS4】新型と旧型との違いを徹底レビュー!メリット・デメリット全部説明します

スポンサーリンク

ASUS23型フルHDディスプレイ(VX238H-P)の製品詳細とスペックについて

製品型番 VX238H-P
解像度 1,920×1,080 (フルHD)
価格(Amazon限定商品) \14,980
画面サイズ 23型
応答速度(ms) 1ms
リフレッシュレート(Hz) 60Hz
光沢 ノングレア
入力端子 HDMI×2ポート/D-Sub
視野角 水平170°、垂直160°
パネル種類 TN

デスクに置いてある外観はこんな感じ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-25-22-34-17

※写真は新作FPS「BattleField1」。モニター下部に「ASUS」のロゴが見えますが、そんなに目立ちません。

PS4用ゲーミングモニターを買う時の基準とは

応答速度は1msのものにしよう

応答速度とは、ゲームの出力信号に対するモニターの反応速度のことで、これが0に近いものほど画面のラグやチラつきが無くなり、プレイしやすくなります。

逆に数字の大きいモニターの場合、画面酔いしやすくなり、目にもよくありません。

FPSや格ゲーのような、コンマ何秒の争いのゲームであれば迷わず応答速度1msのものを選ぶと良いでしょう。

リフレッシュレートはPS4なら60HzでOK!

リフレッシュレートとは「1秒間に画面を更新できる回数」のことを指し、今の主流なゲーム機では60Hzまで対応しています。(PCゲームはグラフィックボードやモニターの性能によりもっと高レートまで描画出来ます。)

PS4では限界が60フレームなため、144HzのPC用ゲーミングモニターを購入しても意味がありません

いずれPCゲームに移行するとかでなければ、より安価な60Hzのモニターを購入すれば大丈夫です。

解像度はフルHDでOK!

最近は4Kモニター等登場していますが、ゲーミングモニター(応答速度やリフレッシュレートの条件をクリアするもの)でフルHD以上の画質のものは高くてオススメしません。(最低50,000円以上は覚悟してください。)

画面サイズはお好みで!23-24型くらいがちょうどよい

画面サイズは正直その人の好みによります。

僕は23,24型のディスプレイでしかゲームをやったことがありませんが、特に不自由はありません。

21型だと少し小さくて見辛いと思いますし、27型だと少し画面サイズが広くて目が疲れると思うので23,24inchくらいを選べば無難です。

光沢はノングレア一択!目の健康を考えて、非光沢のものにしよう

光沢に関しては、ノングレア(非光沢)のものの方が圧倒的に目が疲れません。

僕は当初グレアを数年使い、この1年でノングレアのものでプレイしていますが、目の疲れは圧倒的にノングレアの方が少ないです。

ノングレアだから画面がボケる…なんてことも一切無いので、ゲームをやるならノングレア(非光沢)の液晶にしておくことを強くオススメします。

これらの条件を全て満たして、コスパが非常に高いのがASUSの23型ディスプレイです。

もしPS4用ゲーミングモニターで迷っている場合は、ぜひご検討してみては如何でしょうか?

スポンサーリンク