MacにVagrantとVirtualBoxを導入して仮想環境構築を簡単に行う

プログラミングMac, Vagrant, VirtualBox, 仮想環境, 導入, 構築

スポンサーリンク

Macで開発を行おうと思った場合、仮想環境を構築する方が多いと思います。

僕はレビューログ(当サイト)のWordPressテーマを自作しようと考え、最初はMAMPにより開発を進めていたのですが、本番の変更内容をローカルに反映させるためにFTPから落とす、あるいはローカルの作業内容を更新するためにFTPでアップロードする…この作業工程が煩わしくて仕方ありませんでした。

しかし、VagrantとVirtualBoxを導入し、VCCWとWordMoveを用いれば簡単なコマンドのみでローカル環境と本番環境を同期できるため、非常に便利です。

Vagrantは「仮想環境導入ツール」、VirtualBoxとは「仮想環境の”ハコ”を作成する場所」と考えて頂ければ良いのですが、まずは導入するところまでを纏めます。

環境:OS X El Capitan 10.11.6
Vagrant version:1.9.0 (最新は1.9.1)
VirtualBox version:5.0.10

スポンサーリンク

MacにVagrantをインストールする

>>Vagrantダウンロードページ から、Mac OS用のものをダウンロードします。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-12-14-17-01

すると、インストーラのダウンロードが完了しますので、インストールを続けましょう。

特に設定変更が必要な項目はありません。

設定が完了したら、以下のコードをターミナルで打ってバージョンを確認し、問題なく表示されればOKです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-12-16-29-54

※インストールにコケることはまず無いと思いますが、もし発生した場合はエラーコードでググりましょう。コメント頂ければ、お答えできる範囲でお答えします。

MacにVirtualBoxをインストールする

>>VirtualBoxダウンロードページ からMacOS用のインストーラ(下画像赤枠)をダウンロードする。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-12-16-36-05

Vagrant同様、VirtualBoxインストール時も特に設定変更等は必要ありません。

そのまま進めていけば、インストール完了です。

念のための、バージョン確認によりきちんとインストールができたかを確認します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-12-16-41-10

以上により、簡単にMacにVagrantとVirtualBoxをインストールし、仮想環境を構築する土台が出来上がりました。

次は別ページにて、VCCWを用いたWordPressのローカル環境構築についても纏めていきます。

参考:プログラミングを独学で習得しようかスクールで学習しようか迷っているあなたへ

スポンサーリンク