仮想通貨「リップル(XRP)」を今すぐMr.Rippleの口座に移した方がいい理由

2017年6月12日リップル(XRP)Mr.Ripple, XRP, リップル, 仮想通貨, 口座, 理由

スポンサーリンク

ビットコインを始めとした仮想通貨熱が、世界中を席巻しています。

暗号通貨は既存の貨幣通貨に変わる取引方法に変わる!と言われていますし、中央集権的な国や銀行が発行する通貨では無く、送金処理自体もユーザーが担うため銀行のサーバーダウン等の影響も受けません。

今、ビットコイン(Bitcoin=BTC)と同じくらいアツい仮想通貨がアルトコインで、その中でも投資家の視線を集めていて価格が高騰しているのが「リップル(Ripple=XRP)」です。

スポンサーリンク

なぜ仮想通貨「リップル(Ripple=XRP)」はビットコイン以上に注目を集めるのか

リップルはビットコインと同様の暗号通貨の特性を持っており、日本の取引所が拡大している

リップルもブロックチェーンの技術を利用した、れっきとした仮想通貨です。(アルトコインと呼ばれる)

送金処理のトランザクションは分散処理の概念を踏襲し、世界中のユーザーが立てたサーバーの処理能力に委ねています。

送金処理時に発生する手数料が、サーバー設立者の報酬になるという訳です。

中央集権的な銀行・証券会社の送金処理とは一線を画す方法は、アルトコイン各種もビットコインと同様のものになります。

そして、このアルトコインを取り扱っている日本の取引所はまだまだ少ないのですが、リップルはアルトコインの中でも需要が高まっていることもあり取引所があります。

英語の取引所にお金を送金するのは怖いですが、その点安心なのです。

リップルの送金処理能力はビットコインの比では無く、超高速

ここが1番のミソなのですが、リップルは送金処理能力が高いです。

そのため、送金処理が詰まることが少なく、ビットコインより圧倒的に早く送金処理が完了します。

僕はpoloniexという外国の取引所から日本の取引所であるBitflyerへ35万円ほど送金しましたが、2週間経った今でも完了せず、Awaiting Approvalというステータスで通貨はインターネットの通信の海の中にいます。

ある程度送金処理が行われないとキャンセルされて元の口座に戻るのですが、そうは言っても怖いですね。

リップルなら遅くとも1時間以内に送金処理は完了します。

リップルの送金処理能力の高さから、決済手段として成り立ち得る通貨としてGoogleなども投資している

なぜ「リップル(Ripple=XRP)」を保有するならコインチェック(CoinCheck)ではなくMr. Ripple(ミスターリップル)なのでしょうか。

Mr.Rippleはリップル(XRP)↔︎日本円(JPY)の出金・入金手数料が1/10以上安いから

日本円とリップルの交換が可能な取引所は、日本の取引所だとコインチェック(CoinCheck)とMr.Rippleに限られます。

コインチェックは日本の仮想通貨取引所としてBitflyerと並んで有名ですが、なぜMr.Rippleの方が良いのでしょうか。

取引手数料がMr.Rippleの方が段違いで安い

Mr.Rippleの現時点でのリップル(XRP)→日本円(JPY)の取引手数料は数百円(0.2%)となっていますが、コインチェック(CoinCheck)の場合実際は数千円くらいしてしまいます。

コインチェックのリップル取引はpoloniexの取引所にAPIで接続して成行で行うため、為替差損がコインチェック側に発生しないように手数料を余裕を持って徴収しているのです。

Mr.Rippleはそれとは異なり、手数料額を低く設定できています。

2017年5月末に執筆していますが、現在仮想通貨全体の値下がりがひと段落したところです。

今のうちに仕込んでおくのがベストだと思い、僕も買い込んでいます。

【重要】今日本の取引所でリップル(XRP)を扱う安全な取引所は「CoinCheck(コインチェック)」のみかも

これまでリップルは価格が低く、Mr.Rippleも口座開設キャンペーンとして3万円の入金で777XRPプレゼントキャンペーンを行っていました。

半年前には0.5円、2ヶ月前くらいでも数円だったので全然問題無かったのですが、現在30円近くまで暴騰したため、キャンペーン目当てのユーザーが大量に押し寄せてMr.Ripple側がパンクしています。

5/21以降はキャンペーンを77XRPプレゼントに改悪したのですが、それまでに雪崩れ込んだ対象ユーザーが7500名おり、まだ支払いが滞っている状況です。

日本円にして1.5億円相当をキャンペーンとして振出さなければならず、キャッシュフローが尽きれば倒産して口座のお金は全て有耶無耶になってしまうかもしれません。

その点、既に日本最大の取引所であるコインチェックは(手数料額が高いですが)、倒産の危険は少ないでしょう。

Mr.Rippleの口座開設は終了していますが、不安すぎて入金する気になれないので、コインチェックのアカウントを開設しました。

リップル(XRP)↔︎日本円(JPY)の交換をしたい方は、コインチェックでアカウント開設して行う方が遥かに安全でしょう。

poloniexで保有していたリップルを、僕はコインチェックに全て移して日本円で引き出しました。

まだまだ暴騰しそうなリップルの取引所を探していて、まだコインチェックの口座開設を行っていない方は、お早めにしておいた方が良さそうです。

coincheckに登録する

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

スポンサーリンク

2017年6月12日リップル(XRP)Mr.Ripple, XRP, リップル, 仮想通貨, 口座, 理由

Posted by 管理人