短いURLの方がSEO的に有利!?WordPressの最適なパーマリンク設定とは

2017年9月24日ウェブマーケティングSEO, URL, WordPress, パーマリンク, 設定

スポンサーリンク

WordPressでサイトを運営している皆様、パーマリンク設定(URL設定)はどうしていますか?

諸説ありますが、この度SEO Japanの記事(BACKLINKOによるランキング要素の大調査!100万の検索結果を分析してわかったこと。)より、実際の検索結果から「短めのURLの方が長いURLより上位表示される傾向にある」という記述がありました。

当サイトでは(たまたまですが)、短めのリンク構造になっているのですが、今一度WordPressにおける最適なパーマリンク設定についてまとめておきます。

スポンサーリンク

URL構造をSEO観点から見れば、サブディレクトリの階層はどのページも浅め(Topの1階層下)に設定しておくべきである

トップドメイン=当サイトの場合は「http://reviewlog.info」がSEO的に一番効果があり、そこからURL階層が深くなるほどトップのSEO効果は薄まります。

このページのURLは「http://reviewlog.info/url-seo/」となっていますが、トップの1階層下のディレクトリに配置しています。

これと比較して「http://reviewlog.info/google/analytics/url-seo/」という深い階層のディレクトリにコンテンツを配置した場合、トップドメインからのSEO効果(ドメインオーソリティ)は極めて薄くなります。

これはGoogleのマット・カッツも言っていることで、URLの5単語以降(多分ディレクトリのこと)は重要なシグナルとしては見ていないとのこと。(参考:http://www.stephanspencer.com/matt-cutts-interview/)

コンテンツは出来るだけトップの1階層下のディレクトリのURLに設定すべし

上記設定にしたい場合の、WordPressのパーマリンク設定方法を紹介します。

WordPressのパーマリンク設定は「投稿名」にし、投稿作成時にURLを編集しよう

設定方法は、簡単です。

まずは管理画面の「設定」の「パーマリンク設定」をクリックします。

続いて、一般的な設定を「投稿名」にし、後は投稿画面のURLを自分で適当に設定しましょう。

URL指定で単語を繋ぎたい時は、/(スラッシュ)」ではなく「-(ハイフン)」で設定しよう

注意してほしいのが、この時の単語区切りはスラッシュではなくハイフンで行うべきであるということ。

スラッシュを用いると、ディレクトリ階層が1つ深くなってしまい、ドメインオーソリティの受け渡しが弱くなります。

注意しましょう。

スポンサーリンク

2017年9月24日ウェブマーケティングSEO, URL, WordPress, パーマリンク, 設定

Posted by 管理人