決算投資法を1週間やってみて決めた投資戦略(買い・売りの基準)まとめ

2017年6月12日株式投資基準, 売り, 投資, 決算, 買い

スポンサーリンク

決算投資法をやると宣言して1週間が経過しました。

サラリーマンで兼業の僕は、株式投資の原則である「情報を仕入れて売り買いを行う」ことが出来ないため、当日に発表されるだろう決算内容の良いかつ出遅れている銘柄(≒割安な銘柄)を購入しています。

仕事中に株を保持していると、株価が気になるため基本的に成買・成売を寄りと引けで自動で行うスタイルにしています。

現在は仮想通貨のビットコイン(BTC)やリップル(XRP)といった取引の方が利ざやを大きく取れるので、そちらに主軸を移しています。

参考:仮想通貨「リップル(XRP)」の価値を高騰させる4つの理由

ですが、株式投資はそれよりずっと前から取引を行っていて、5年ほど経過しており、今回取り入れた決算投資法を1週間実践してみて、その戦績はどうだったのかまとめます。

スポンサーリンク

決算投資法は有用か否かで言うと「有用である

以下、勝ち負けは引けの購入時の株価と翌日の寄りの売却時の株価で判断しています。

6/14:ジャストプランニング ⇒ 負け

6/15:ファーストロジック ⇒ 勝ち

6/17:サッポロドラッグストア ⇒ 勝ち(ほぼ確実)

結果:2勝1敗

まだ母数は少ないですが、悪くない戦績ではあるかなと思っています。

他にも絶対好決算を出しそうな銘柄としてエニグモ等をリストアップしていたのですが、どれも高値だったために売買には至りませんでした。

しかし、上記はどれも翌日10%以上の値上がりをしており、高値の基準の考え方を改める必要がありそうです。(現在は直近数ヶ月の高値圏内で株価が推移している場合、取引対象から外しています。)

ここまでで分かったことをまとめます。

必ず取引は引けと寄りのみにする(場中での値上がり・値下がりはどちらも有り得る)

高値圏か考えるにあたってPER,PBR,ROEといった基本的な指標以外で算出方法を探す

不人気な銘柄(出来高の少ない株)は取引対象から外す

ジャストプランニングは寄りで買い、翌日の寄りで売ったために損失が増えました。

この失敗を機に、決算直前は悪決算を嫌って手仕舞いする投資家も多いため、ギリギリで購入すべきであると判断しました。(もちろん、地合いにもよります。逆も然りですが、より安全な取引をしておくべきです。)

また、ジャストプランニングは出来高の少ない銘柄でもありました。

人気の無い銘柄は、好決算でも悪決算でも株価に反応しないケースが多いため、今後は投資対象から外すことにします。

来週買う株は金曜まで無い(イギリスのEU離脱国民投票の結果が24日に出るというのもあるのですが、好決算を出しそうな銘柄が無いのです)

来週はイギリスのEU離脱の是非を決める国民投票を23日に控えており、現在その影響もあり株式市場は全面安の展開となっています。

大幅な円高も進行しており、FXで取引をしている人はこの前のスイスショックもあったので、手仕舞いしておくべきだとは思います。(乱高下する相場で利ざや大きく取りたい人にとってはチャンスですが、僕はその勇気はありません。。)

※モブキャストの初動を買えなかったのが、本当に悔しいです。しかし、負けないことが株式投資で勝つ方法なので、忘れることにします。

株の自動売買 ~12週間習得プログラム~

【大阪6/17・18開催!】株式投資錬金術基礎セミナー

スポンサーリンク

2017年6月12日株式投資基準, 売り, 投資, 決算, 買い

Posted by 管理人