【macOS】Mac配列のおすすめキーボードは?全て比較しました(日本語(JIS)・US配列)

2017年3月21日MacJIS, Mac, macOS, US配列, おすすめ, キーボード, 日本語, 比較, 配列

スポンサーリンク

Macでも使えるキーボードというのは、Windowsキーボードもほとんど使えます。

ですが、WindowsにはWinキーがあったりCommandキーが無かったりするので、キーコンフィグ(キーマッピング)を変更する必要がありますし、Macの使用感にはなりません。

実は、最初からMac配列になっているキーボードは非常に少なく、Apple純正以外ではPFU社製のHappy Hacking Keyboard(HHKB)か、Matias社製のTactile ProシリーズかWireless Aluminumシリーズしかありません。

Mac配列のキーボードと製品仕様・特徴をまとめました。

スポンサーリンク

Mac配列のおすすめキーボード比較(JIS(日本語),US配列記載)

Apple Magic Keyboard JIS配列(MLA22J/A)、US(MLA22LL/A)

Macの場合、毎年に近いくらいの頻度でOSの刷新があります。

Appleが純正で発売している商品が「Magic Keyboard」になります。

Apple 純正ということもあり、値段は高い(14000円ほど)けれども統一感とワイヤレス接続により配線がキレイに

商品を見ると分かりますが、統一感の取れたデザインは素晴らしい…!

白を基調としていてMac製品との相性はぴったりです。

また、接続はワイヤレス(Bluetooth)なので、コードが散らからずに配線が綺麗になります。

充電もライトニングケーブルによるリチウムイオンバッテリーのため、電池切れの心配もありません。

打鍵感(打ち心地)は旧型のMacBook Proのキーボードをさらに安定させた感じと、普段旧型のMacBook ProやMacBook  Airを使っていて、そのキーボードが好きな方にはベストな打ち心地だと感じるはずです。

Apple Keyboard(テンキー付き・有線) JIS配列(MB110J/B)、US配列(MB110LL/B)

Apple純正のキーボードとしては1番安価に(5000円)購入することができます。

僕はテンキーレスが良いので候補から外れましたが、Apple純正であればApple Keyboardが1番安いです。

打ち心地はApple Wireless Keyboard(Magic Keyboardの旧型)とほぼ同じです。

PFU Happy Hacking Keyboard Lite2 for Mac JIS配列(PD-KB220MA)、US配列(PD-KB200MA)

Happy Hacking Keyboard(HHKB)で有名なPFU社より、Mac配列のキーボードが販売されています。

こちら、色がホワイトしか選べないのが玉に瑕ですが、黒軸に近いしっかり支度打鍵感で僕はすごく好きです。

難点としてファンクションキーが無いため、fnキー+数字で入力する必要があることでしょうか。

僕は普段、ファンクションキーを全く使わないので問題無いですが、気になる方はApple純正キーボードにしましょう。

現在使用しているFILCO Majestouch Blackの次はこれにする予定です。

何より、HHKBなのに6000円で購入できるコスパも最高です。

Matias Wireless Aluminum Keyboard(テンキー込み) JIS配列(ブラック:FK418BTB-JP・ホワイト:FK418BTS-JP)、US配列(ブラック:FK418BTB、ホワイト:FK418BTS)

Matiasは、貴重なMac配列のキーボードを制作されているラインナップの1つです。

Wireless Aluminumですが、形状はApple Keyboardにそっくりで、値段は10000円ほどとちょっとお高め。

これを購入するならば、有線を我慢してApple Keyboardを購入するか、Magic Keyboardを購入しても良いかもしれません。

Matias Tactile Proシリーズ(テンキー選択可能)

いよいよ真打ち登場なのですが、Matias「Tactile Pro」シリーズはメカニカルキーボードかつMac配列のもので、東プレのRealforceのような高級キーボードと比較しても引けを取らない打鍵感のあるキーボードです。

HHKBのMac配列商品では画面の輝度の調整等、MacBookシリーズのキーボードに搭載されている機能がありませんが、このTactile Proシリーズ(前述のWireless Aluminumも)ではそのキーが搭載されています。

僕はテンキーレスモデルをいつも購入するのですが、本当にポチるか迷った商品が「Matias mini Tactile Pro」です。

※画像では無線のようですが、有線接続です。

超惜しいのが、US配列しか無いところ。

僕は普段、全てのPCがJIS配列(日本語配列)のため、泣く泣く断念しました。。

Mac配列のキーボードはここまで書いてきた製品しかありません。

functionキーまで搭載しているか、を基準にすれば、純正以外だとMatiasシリーズしかありません。

Windows用のキーボードのキーコンフィグを変更する、でも良いですが、こだわりたい方は↑から探して見てはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

2017年3月21日MacJIS, Mac, macOS, US配列, おすすめ, キーボード, 日本語, 比較, 配列

Posted by 管理人