HTML5のDOCTYPE宣言とXHTMLやHTML4.01の過去バージョンのDTDとは

HTMLDOCTYPE宣言, DTD, HTML4.01, HTML5, XHTML, バージョン

スポンサーリンク

HTMLにおけるDOCTYPE宣言の内容は、HTML自体のバージョンアップと共に変化してきました。

そもそもDOCTYPEはタグではなく、ドキュメント宣言と呼ばれるHTML文書ファイルの枕詞のようなものです。

ブラウザはHTMLファイルの先頭に記載されているDOCTYPE宣言(Document Type Definition = DTD)を読み取り、どのバージョンのHTMLファイルなのか判断します。

自分のサイトがどのHTMLのバージョンに当たるのかを確認した後、適切なDOCTYPE宣言を記述するようにしましょう。

スポンサーリンク

現状実在しているDOCTYPE宣言一覧

HTML5

HTML 4.01 Frameset

HTML 4.01 Transitional

HTML 4.01 Strict

XHTML 1.0 Frameset

XHTML 1.0 Transitional

XHTML 1.0 Strict

HTML3.2

ほとんどのサイトがHTML5だとは思いますが、もし自分が以前のバージョンのウェブサイトを担当する事になった時のために、備忘録として残しておきます。

スポンサーリンク