FacebookがMSQRDを買収した理由の本音と建前を考える

2017年10月14日雑記Facebook, MSQRD, 理由, 買収

スポンサーリンク

Facebookが動画(画像)加工アプリ「MSQRD」を運営するMasquerade社を買収しました。

MSQRDとは、動画の顔部分を認識して様々なフィルターをかけられる(お面を被せられるイメージ)アプリで、何と2015年11月30日にローンチされて2016年3月9日にFacebookに買収されるというシンデレラストーリーそのもの。(参考:MSQRDがリリース4ヶ月でFacebookに買収されるまでの軌跡)

上記リンク先を見ると、まさにスタートアップそのものといったリーンスタートアップを体現したような制作・運営体制だったよう。

今回は、Facebookがなぜ動画フィルターアプリであるMSQRDを買収したのか、その理由について考えてみます。

スポンサーリンク

FacebookがMSQRDを買収した建前は「若年層にアプローチする(=Snapchatの牙城を崩す)」ため

Facebookは18歳未満でも利用可能ですが、公開範囲が「友達」までと制限があります。

Twitterなどの他のSNSとは異なり、完全実名制のFacebookは(恐らくですが)若年層のアクティブユーザー率が低いはず。(若者が投稿したいような少し過激な内容をFacebookで投稿するのはハードルが高いのです。実際に以下の記事があります。)

参考:米国の10代、急激にフェイスブック離れが進む一方で、インスタグラムとスナップチャットの人気急騰

18歳未満は利用禁止としていたからこそ、日本の18歳未満に爆発的に流行ったmixiがありましたが、Facebookは完全にその逆なのです。

“Facebookでの”若年層の獲得は諦めInstagramとMSQRDを買収して若年層の拡大を図った

Facebookが賢いのが、Facebook自体が若年層には使ってもらえないサービスであると認識するや否や、他サービスを買収して若年層のユーザー丸ごと買ってしまったのです。

実際にMSQRDに似た機能をFacebook上にローンチするも鳴かず飛ばずで、即クローズして今回の買収に至った訳です。(Instagramと同様、Snapchatとも買収交渉を行いますが破談しました。)

うーん、恐るべし経営判断の速さ。

FacebookがMSQRDを買収した本当の理由は”顔認証技術のVRへの適用“だったのでは?

FacebookはVR技術(仮想現実)で有名な「Oculus VR」を20億ドルで買収しています。

僕は重度のFPSゲーマーなため、VRを利用したゲーム機器にも関心があります。(Oculus liftとか)

今現在、発表されているVRゲームラインナップとしてはFPS(First Person Shooting = 一人称視点)のゲームがほとんどに見受けられます。

MSQRDの顔認証技術は”TPS“視点のVRゲームの開発に使われるのでは?

もしOculus liftに”インカメラ”が備わり、MSQRDの顔認証技術を利用すればTPS(Third Person Shooting = 三人称視点)ゲームに自分の顔写真を投影したキャラクターを使えるのでは?と考えています。

FPSのゲームの場合、”画面酔い”する人も多く万人受けするゲームは多くありません。

やはり、TPSでのゲームでもVRヘッドセット使えることが、世界的ヒットへの近道になるのです。

VRゲームは間違いなく大きな市場を形成すると思いますが、この先が楽しみですね!

スポンサーリンク

2017年10月14日雑記Facebook, MSQRD, 理由, 買収

Posted by 管理人