【レビュー】Dyson(ダイソン)のヘアドライヤー「supersonic」は風量・温度調節しやすい史上最高のドライヤーだった!

ガジェット, ボディケア, 家電dyson, supersonic, ダイソン, ドライヤー, ヘア, レビュー, 温度, 調節, 風量

スポンサーリンク

2017年は仮想通貨元年ということもあり、僕は節税目的でふるさと納税制度を利用しました。

1つ目はCanonのPowerShot G7X MarkⅡにして、2つ目は前々から気になっていたDyson(ダイソン)のヘアドライヤー「supersonic(スーパーソニック)」にしました。

これまで購入しようか迷っていた理由が45000円と高額な価格でしたが、ふるさと納税ということもあり返礼品としてもらうことにしました。

2ヶ月ほど使ってみて、その良さに驚いたのでレビューしていきます。

スポンサーリンク

Dyson(ダイソン)ヘアドライヤー「supersonic(スーパーソニック)」開封の儀

外箱はきちんとシートに包まれ、高級感があります。

箱を開けると各パーツがぴっちり梱包されていて、Apple製品を彷彿とさせます。

全ての備品を取り出した図。(ヘッドが3種類と、洗面所に置く時の滑り止めゴムシートが付属しています。)

Dyson(ダイソン)ヘアドライヤー「supersonic(スーパーソニック)」を2ヶ月使ってみて分かった、良かったところ

風量・温度調節がそれぞれ3段階ずつあって超便利!

僕はこれまで、よくある数千円のドライヤーしか使ったことがありませんでした。

当然、風量・温度調節は「強」「弱」「冷風」の3種類のみ。(少し良いドライヤーでも、上記の温度調節に加えて風量の強弱を調節できるくらいです。)

しかし、Dyson(ダイソン)のヘアドライヤー「supersonic(スーパーソニック)」は温度3種類 × 風量3種類の系9通りの組み合わせができます。

女性にとって、既存のドライヤーでは調節機能が荒くて使いにくいと思いますが、Dyson(ダイソン)の「supersonic(スーパーソニック)」は繊細な調節が可能です。

しかも、調節のボタンが分かりやすく、インジケーターで強弱を表示してくれるので操作しやすいです。

風量を最大にすると、市販のどのドライヤーよりも強い風量になるので髪が速攻で乾く!

僕はDysonのコードレス掃除機「DC61」を持っています。

社会人1年目の一人暮らしで、ベストバイだったと実感するくらいの満足感ある製品で、謳い文句の「吸引力の落ちない唯一の掃除機」というのが最高に使い勝手が良いのです。(過去購入したコードレス掃除機は、連続使用ですぐに吸引力が落ちる)

今回、Dyson(ダイソン)のヘアドライヤー「supersonic(スーパーソニック)」を使ってみて驚いたのが、人生で体験したどのドライヤーよりも風量があること、でした。(美容室のものも含めて)

付属のヘッドを使っても風量の調節ができるのですが、ヘッドを外した状態が1番風量が強く、耳に当てると鼓膜が風圧で変になりそうになるレベルです。(これ本当なので、絶対に真似しないで下さいね!)

なので、僕はヘッドを付けて使っていますが、最大風量本当に凄いです。

髪の毛、マジで一瞬で乾きます。

温度も高温はかなり高く、低温は髪を傷めない優しい温度

ヘアドライヤーの温度については、これまで使ったドライヤーと比較してもかなり高い温度に設定できます。

逆に、低温は仕上げに最適の優しい温度なため、熱すぎず冷たすぎずの温度設定ができます。

Dyson(ダイソン)のヘアドライヤー「supersonic(スーパーソニック)」を使って思ったのが、適切な温度調節ができるのと風量の強さにより髪がすぐ乾くので、髪へのダメージが少なく翌朝のスタイリングがやりやすくなったなと感じます。

冷風は手元のボタンを押すだけ!これが超使いやすい

普通のドライヤーは冷風に切り替える時に手元のスイッチを温風から完全に切り替える必要があります。

そうすると、冷風モードで乾かし始めたけれども乾き切ってなかったから温風モードに戻したい!というのが面倒に。

でも、Dyson(ダイソン)のヘアドライヤー「supersonic(スーパーソニック)」の場合は持つ部分に付いているボタンを押すだけでOK。

温風モード中にボタンを押せば、すぐ冷風に。

この手軽さが便利です。

Dyson(ダイソン)ヘアドライヤー「supersonic(スーパーソニック)」を2ヶ月使ってみて分かった、ちょっとイマイチなところ

ケーブルが硬いので、ドライヤーにコードくるくる回して置いておくのが難しい

Dyson(ダイソン)のヘアドライヤー「supersonic(スーパーソニック)」を使っていてほとんど不満は無いんですが、これだけが難点!

とにかくコードが硬い…。

洗面所に置いておく時に、普通のドライヤーならコードくるくるして簡単に置いておけますが、こちらは硬いケーブルなのとヘッドが短いこともあり、巻くのが最初難しいです。

と、ここまで色々書いてきましたが、使っていてこんなに満足感のあるドライヤーはありません。

ドライヤーを科学したDyson、高い買い物ですが世界変わること間違い無しです。

スポンサーリンク