【レビュー】防滴防塵の赤軸ゲーミングキーボード「Corsair K68 Cherry MX Red」の打ち心地が最高過ぎた…【PR】

ガジェット, ゲームCherry MX, Corsair, K68, PR, キーボード, ゲーミング, レビュー, 打ち心地, 赤軸, 防塵, 防滴

スポンサーリンク

普段僕は、自宅でMacBook Pro15インチiPad Pro 10.5インチで作業をしています。

会社用のPCはWindowsデスクトップなため、良いキーボードは必須です。

デジタルマーケティングを本業としているので、メールはもちろん、ExcelやPowerPointなどのOfficeソフトも日常的に触りますし、SQLなどのデータベース言語を書いてデータ抽出も行ったりします。

これまで色々なキーボードを使ってきましたが、その中で最も良いなと思ったのが、東プレのRealForceでした。

今回、ゲーミングデバイスメーカーとして有名なCorsair(コールスエアー)社よりゲーミングキーボードを提供頂きました。

「K68」という型番のCherry赤軸を採用し、防塵防滴も備えた最強のメカニカルキーボードだと思ったので、レビューしていきます。

スポンサーリンク

防滴防塵の赤軸ゲーミングキーボード「Corsair K68 Cherry MX Red」開封の儀

外箱の表裏はこちら。Corsair社の製品を触るのは初めてですが、質実剛健な感じがとても良いですね。

中を開けていきます。

付属品はこちら。そう、パームレスト付きなんです!

本体をPCに接続した図です。

防滴防塵の赤軸ゲーミングキーボード「Corsair K68 Cherry MX Red」を使ってみて良かったところ

Cherry赤軸メカニカルキーボードの打鍵感最高音も控えめ、底打ちも柔らかい!

キーボードなので、1番大事なのは打鍵感です。(RealForce使っているように、あまり外見はこだわりません)

赤軸は初めて使うのですが、茶軸と黒軸の間くらいの重さでしょうか。

黒軸までいくと結構重いのですが、茶軸だと軽いしカチャカチャうるさい…そんな人にぴったりです。

底打ち時の音はうるさくないですし、痛くないです。

やはりCorsair製ということもあり、そこら辺のメカニカルキーボードよりは圧倒的に使っていて心地良いです。

本体に接続できるパームレスト付きなので、腕が疲れない!

嬉しいのが、専用のパームレストが同梱しており、別途購入する必要がありません。

当然ですが、手・腕の置く位置に違和感は全くありません。

パームレストを別で購入すると、高さがキーボードと合わなかったり…ということが結構あります。

純正のパームレストが付いてくるのは嬉しいポイントですね。

赤色の発色変更Windows無効化ボタンも標準装備!音量調整や動画再生・停止もボタンからできる!

本体右上部に付いている、発色変更ボタンやWindowsボタン無効化のスイッチも当然あります。

また、驚いたのが音量調節ボタンや動画再生・停止ボタンまであります。

僕の自宅環境がMacなので、ついでに動作確認してみると音量調節ボタンは動作、動画再生・停止ボタンは動作しませんでした。(とは言え、動画再生・停止ボタンなんて使ったことがないので、特にいりませんが)

もちろん、Macでもきちんと動作するので、Mac環境をカッコよくしたい方にもオススメです。(先程の起動時の画像は、MacBook Pro 2016年モデルに接続した様子になります。)

「K68」はCorsairのメカニカルキーボードの中でコスパ最強!Amazonで10000円で購入可能

ゲーミングキーボードの中でもCorsair製のものは割とお高め。

その分製品の質も良いんですが、PCやマウス、ヘッドセットなど必要なものは山ほどあります。

この「K68」ですが、Amazonで10000円で購入可能です。

この製品の質で10000円なら、コスパ最強と言って間違いないです。

防滴・防塵機能は地味に良い!キーボードの故障の可能性がぐっと減る

キーボードを使う際、デスクには飲み物やお菓子など置いたりすることもあると思います。

製品自体が防塵・防滴を謳っているので、ホコリなどの耐性も他のキーボードに比べて高いでしょうし、安くない買い物なので長持ちするのはとても良いです!

防滴防塵の赤軸ゲーミングキーボード「Corsair K68 Cherry MX Red」を使ってみて、ちょっとイマイチだったところ

パームレストを付けると本体サイズはかなり大きい

画像を見ていただければ分かると思いますが、MacBook Pro15インチと比較しても結構な大きさです。

机の上は整理整頓しておく必要がありそうですね。

(大きいと感じる方には、テンキーレスモデル「K63」もあります。)

USBハブなど、拡張性は無し

上位モデルについてはUSBポートが付いていますが、「K68」には特にそういった拡張ポートはありません。

そもそも、キーボードのハブは電力供給できないので必要な方はハブを買うと思うので、問題無いと思いますが。

ここまでキーボードは何個も買い換えてきた経緯がありますが、今回提供頂いたK68はかなり当たり。

一度、職場のRealForceと比較して決めないと迷うくらい、普段使いにも良いと実感しています。

スポンサーリンク