【レビュー】ビットコイン(BTC)で現物・FXの取引をするならBitflyer一択な理由

2017年9月28日ビットコイン(BTC)Bitflyer, BTC, FX, ビットコイン, レビュー, 取引, 現物, 理由

スポンサーリンク

僕は今年1月頃より仮想通貨(主にビットコイン=$BTCから入り、アルトコインも少々)の取引をやってきました。

以下の比較レビュー記事にも書きましたが、ビットコイン取扱い高日本一(今や世界一)のBitflyerのみならず、国内取引所として豊富なアルトコイン取扱いを行なっているコインキャッシュやZaif、Mr.Rippleといった様々な取引所に登録してきました。

その中で、トレーダーとして取引(特にFX)を行う上で1番使い勝手が良かったのはBitflyerでした。

なぜそこまでBitflyerご使いやすく感じるのか、まとめました。

スポンサーリンク

Bitflyerをビットコインの取引に利用する時に感じた6つメリット

取引ツール「Bitflyer Lightning」がPC・スマホブラウザ共に超使いやすい!

僕は過去、楽天証券や松井証券、SBI証券といった日本の大手ネット証券を利用してきました。

メインは楽天証券のMarketSpeedとSBI証券のHyper SBIを使ってきたのですが、生粋のマカーの僕は持ってるPCがMacだけ…。

当時、全てのツールがMacOSに対応していませんでした。(現在、MarketSpeedのみMac版アプリがあります。)

仮想通貨を始めて最初に触ったのがBitflyerだったのですが、その取引ツール「Bitflyer Lightning(ビットフライヤー ライトニング)」が最強に使いやすい…!

以下がBitflyer Lightningの取引画面になります。

見てもらえると分かるのですが、ブラウザで動作するツールのためMacだろうがWindowsだろうが同じように表示されます。

Lightning Bitflyerは指値注文や取り消し超簡単!

株式投資から来た人間からすると、分かりやすい綺麗なUIに感動するだけでなく、注文と注文の取り消しがめちゃくちゃやりやすいことに気付きます。

ワンタッチ注文はもちろん、取り消しも注文履歴の「×」ボタンを押すだけ、全ての注文の取り消しは「Cancel All」を押すだけと超簡単です。

1秒の遅れも許されないFXにおいて、この仕様は本当に嬉しいです。

また、チャートも見やすく色々なテーマ色から好きなものを選ぶことができます。

赤と緑のチャート画面に慣れている方はそれでもいいですし、暖色系の色にすることもできます。

ビットコイン(BTC)FXの取引手数料0!(現物も手数料安い)

正直これが一番大きいのですが、Bitflyerで取引を行う場合にFXであれば取引手数料が一切かかりません。

FXの場合、ロット(売買枚数)を多めにスキャルピングのような取引手法をされる方が多いと思います。

この場合、小さい値動きでちまちま利確・損切りして利益を出していくことになり、手数料が高いと致命的です。

しかし、BitflyerのBTC-FXは何と手数料がゼロ!タダです。(期間限定と提示はされていますが、仮想通貨市場が膨らんでいる今手数料を値上げすると、競合のCoinCheckにユーザーを持っていかれるのでしばらくやらないはずです。)

という事は、回転取引で手数料負けするリスクが全くないのです。

また、現物取引の手数料も高くて数百円いかないくらいなので激安です。

Bitflyerは世界一のビットコインの取引量なので、板が厚くスプレッドが小さいため、利確・損切りがやりやすい

上にも書いた通り、FXで取引手数料が一切かからないため、トレーダーはこぞってBitflyerで取引しています。

中国が国の規制により仮想通貨取引を禁じられそうになっている今、Bitflyerのビットコイン取引量は世界一となっています。(何とその割合、50%以上!)

そのため、板が厚くてスプレッドが小さく、利確や損切りをやりやすいです。

逆にZaifなど国内の中規模取引所だと板が薄く、利確と損切りがやりにくいです。(価格操縦もされやすい)

らくらく入金(クイック入金)最強(コンビニ入金など入金方法多彩)

Bitflyerは多種多様な入金方法に対応しています。

いわゆるクイック入金の「らくらく入金」は、手数料こそ掛かりますが入金後即座に自分の口座に反映されます。(しかも、取り扱っている銀行は主要なネット銀行ほとんどで、僕は楽天銀行で利用しています。)

銀行振込での入金にも対応しており、平日の営業時間中であれば比較的早く口座への反映がなされます。

損益グラフが見やすく、資産の状況が一目瞭然

仮想通貨取引を行っていると、自分の収支が気になるもの。

年間・月間・当日の収支をグラフで表示してくれます。

先程の取引画面の画像にもあったように、損益情報はトップページにも表示されるので、取引中に利益を見て判断することが可能なのも嬉しいです。

API解放により、システムトレード(自動売買)に対応!

株式投資の世界では有り得ないですが、Bitflyer含め仮想通貨取引所はAPIを解放しています。

それにより、簡単なプログラムを書くことで自動売買が可能になります。

システムトレードに多額のお金を払ってFX(為替)をやっている方は驚くと思います。

Bitflyerをビットコインの取引に利用する時に感じたイマイチな点

(他の仮想通貨取引所よりは軽いけれども)少し取引ツール「Bitflyer Lightning」が重い

Bitflyer Liteningですが、高機能かつブラウザ版ということもあり、取引が集中する時間帯だとツールが重くなります。

Zaifのように頻繁に鯖落ち(サーバーダウン)が起こる事はほとんどないのですが、指値が遅くなる…とかはあります。

チャット機能なんかも付いており、不要な機能を外して軽くしてほしいものですが、他の部分の使い勝手が良すぎてBitflyer以外の取引所で取引をする気に全くなりません。

仮想通貨取引、とりわけビットコイン(BTC)での取引を考えているならば、まずはBitflyerに登録することをお勧めします。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク